ホイアンリバーサイドリゾート 入口

2018年夏ホイアン子連れ旅行記4 ホイアンリバーサイドリゾート宿泊記 (Hoi An Riverside Resort & Spa‎)

2018年夏ホイアン子連れ旅行記4回目の内容は、ホイアンリバーサイドリゾート (Hoi An Riverside Resort & Spa‎)への宿泊記です。

今年2軒目のホテルは、旧市街と海の間辺りの農村地帯にあるリゾートホテルです。このホテルは、たまたまexpediaで激安だったので宿泊してみることにしました。あまりの安さに釣られて4泊です。

ホイアンリバーサイドリゾートの概要

ホイアンリバーサイドリゾート (Hoi An Riverside Resort & Spa‎)は、(多分)ホイアンで一番最初に4つ星ホテルに登録されたホテルだそうです。

旧市街と海の中ほどにある田園地帯にあり、川沿いの老舗のプチリゾートホテルで、のどかな風景が望めるリバービューのお部屋に滞在できるのが魅力と言えるでしょう。

基本的には田園地帯ですのでホテル周りにはあまりレストラン等はありませんが、タクシーで5分ほどで海へも街へも行けますし、ホテルの北側はホイアンの基幹道路であるクアダイロードに面しており、最低限の商店等は周りにあります。お子さんたちがしっかり歩ける年齢であればさほど不便しないと思います。

ただ、設備、サービス面ともに4つ星はあまりに大げさです。恐らく登録当時の星の数のままなのではないかと思われ、ホイアンの他の4つ星リゾートホテルと比べると格が全く違います。

私たちは激安で泊まりましたので、コスパ的には不満はないものの、3つ星くらいの印象を持っておくのが正解です。

※稀に、ビンフンリバーサイドリゾートと混同しているレビューがありますが、全く別のホテルです。

ホイアンリバーサイドリゾートに到着

私たちは、前日まで泊まっていたビンフンリバーサイドを出てミーソン遺跡のツアーに参加し、解散後にホイアンリバーサイドリゾートにタクシーで移動しました。

昔からあるホテルですのでタクシーでの移動はスムーズ。

ホイアンリバーサイドリゾート 入口

フロントデスクは小さく、小ぶりなホテルの印象ですが、少しシャイな感じの若い女性スタッフが対応してくれました。(どうやら現在フロントがリニューアルしてきれいになっているようです)

チェックイン時には可愛らしい飾りのついたシトラスドリンクが頂けてホッとします。

ホテル入り口からすぐの場所にはブランコもあり、子供たちは早速それで遊び始め、なんとか宥めて、ひとまずお部屋に入ることにしました。

ホイアンリバーサイドリゾート 庭

ホイアンリバーサイドリゾートのお部屋

ホイアンリバーサイドリゾートには以下のようなお部屋があります。

  1. スーペリア
  2. デラックス リバービュー
  3. プレミアデラックス リバービュー
  4. トリプルルーム ガーデンビュー
  5. スイート リバービュー
  6. ファミリーコネクティングルーム

基本的に全てのお部屋は2階建てのベトナム伝統様式を取り入れたコテージタイプとなっており、一つ一つのお部屋が比較的ゆったりしているのが嬉しいポイントです。

ホイアンリバーサイドリゾート コテージ

下の航空写真をご覧いただくと分かりやすいのですが、このホテルは大半のコテージが川沿いに建っており、リバービューのお部屋は基本的に静かです。

ただし、敷地の北側(入口)だけはクアダイロードというホイアンの基幹道路沿いとなっており、そのその傍のお部屋(ガーデンビューのいずれか)はうるさい可能性があるので避けたほうが無難でしょう。景観という面でも静けさと言う面でも、このホテルではリバービュー一択で間違いありません。

今回私たちが滞在したのは、このホテルでは一番高いスイートリバービューという、川沿いの角部屋でした。

私たちが予約した時は、なぜかexpedia(ホテル予約サイト)で異常に安いセールが開催されており、なんと1泊1部屋4700円(+税サ)。

1部屋4700円×4泊、長女の追加料金4泊で2000円、税サ4泊で3200円、合計で4泊4人で24000円程度、つまり1泊約6000円という激安滞在となりました。しかも朝食とクッキングクラス付きです。

※その後expediaでは1部屋1泊15000円程度で推移しています。agodaでは今も7000円程度で泊まれるようです。価格差がすごすぎます 笑。

余りに安いのでちょっと心配していましたが、コスパを考えるとお部屋の質は十分です。

ホイアンリバーサイドリゾート スイート

スイートという名称には正直首を傾げるレベルですし、設備の古さは否めませんが、伝統的なインテリアデザインゆえ、古き良きベトナムという印象があり私は好きでした。角部屋なのでお部屋にいても明るくて気持ちが良いのも良かったです。

そして窓からの眺めがのどかで素敵。

ホイアンリバーサイドリゾート テラス

観光船が次々に行き交い活気があるビンフンリバーサイドの川沿いともまた違い、いかにものんびりした農村部という感じで、これもいいものです。

バスルームは最近改装されたらしく、とてもきれいで気持ちよく使えました。

ホイアンリバーサイドリゾート 洗面所

ただし、スイートのお部屋には湯船がないのは残念でした。なぜか下位のお部屋には湯船があるそうですので、予約時に確認したほうが良さそうです。

ホイアンリバーサイドリゾートのプールや設備について

ホイアンリバーサイドリゾートの敷地内にはプールが1つあり、その他スパ、そして一応トレーニング設備もあることになっています。

ホイアンリバーサイドリゾート プール

プールはホテルの紹介で必ず使われている写真の通りの曲線的なリゾートホテルらしいプール。ホテル自体が小ぶりのため、プールも小さめですがハイシーズンでも使っている方は多くないので大きさは十分です。(幼児用の浅いプールはありません)上から見たところ↓

hioan riverside resort pool

プールサイドにはデッキチェアも配置されており、ビール等を飲みながらのんびり過ごすこともできます。

…が、プールバー?は全く機能しておらず(そもそもプール周りにスタッフがいません)、すぐそばにあるレストラン(写真奥)までいちいち歩いて行って、「プールにいるから、この飲み物をお願い~」と注文しなければならないシステムです。絶対4つ星ホテルじゃない!笑。

プール

ただ、庶民的なシステムだけあって、ドリンク類は安いです。日替わりのhappy hourのカクテルなどもありますし、むしろ外に缶ビールを買いに行くほうが高いかも?というくらい激安の日もありました。そもそも非常にお安い価格で泊まっているので、その辺りは割り切って、売店感覚で利用しようと割り切ればOKかと思います。

スパも一応併設されていますが、個人的にはちょっと微妙な感じを受けました。

お庭に大きなガゼボ(東屋)のようなものが建てられており個室にはなっていません。しかも、外から見えるスタイルなのが日本人女性にはちょっと落ち着きそうになく、今回はパス。料金はお安かったと記憶していますが、外部のスパに行くことにしました。

ホイアンリバーサイドリゾート スパ

一応レストランの2階部分にトレーニング設備もあります。ただし、これは使えるのかな?と疑問に思うほど古い設備で、全く使う気持ちになれません 笑 ビリヤードもあるので、夫と子供たちはそこでちょっと遊んでいましたが、その程度で十分かな…

朝食は会場内容共に満足度は高くない

ベトナムは食事が美味しいので、朝食ビュッフェは楽しみの一つですが、残念ながらホイアンリバーサイドリゾートの朝食は満足度が高いとは言えません。

まず、せっかくの川沿いのロケーションなのに、なんだか朝食会場のレストランがうら寂しい雰囲気で、気持ち的な盛り上がりに欠けます。デザインが古いからなのか、スタッフの活気の問題なのか…

ホイアンリバーサイドリゾート 朝食 ホイアンリバーサイドリゾート レストラン

そして、一つ一つのお料理は決して悪くないものの、他の3~4つ星ホテルに比べ種類が少ないのも少し残念です。

日替わりの麺、エッグステーション、数種類のおかずに2~3種のフルーツにドリンクもありますので、贅沢を言わなければ十分な朝食は頂けます。ですが、他のリゾートホテルと比べてしまうと、残念感を感じてしまいます。

ホイアンリバーサイドリゾート 朝食ビュッフェ

hoian riverside resort 朝食

私たちの宿泊費を考えるとコスパ的には十分ですけれど、これがセール価格での激安宿泊でなければちょっと残念かな…という感想です。

クッキングクラスにも参加してみました

このホテルを予約した時に、クッキングクラスが無料で受けられるサービス付きでしたので、私たちも参加しました。

ホイアンリバーサイドリゾート クッキングクラス

内容はバインセオ(ベトナム風お好み焼きのようなもの)と生春巻きという簡単なもので、既にシェフが準備してくれているものも多かったのでそれほど本格的なものではありませんでしたが、これは楽しかったです。

レストランの一部に、小さなコーナーを作ってくれており、そこでシェフと通訳役のレストランスタッフの女性がついて教えてくれました。スタッフの方と話をしたり、プロの作り方を見られたりと楽しい思い出になるので、時間のある方はぜひ参加してみてくださいね。

作ったものは、その後レストランのスペースでいただけます。

ホテル周辺について

こちらのホテルの周辺は基本的に農村部ですので、あまり栄えているとは言えません。

ただし、上でも書きましたようにホテルの入り口はホイアンの基幹道路のひとつであるクアダイロード(旧市街から海へ抜ける道)に面しており、徒歩5分以内に小さな商店はいくつかあって、お菓子や飲み物程度はそちらで購入することができます。また安いお値段でお洗濯してくれる、ランドリーサービス等もありました。

ただし、外国人が利用したくなるようなレストランとなると、少し歩く(15分程度)かタクシー等でクアダイビーチ或いは旧市街方面に移動する必要があるでしょう。

まとめ

ホイアンリバーサイドリゾート&スパは、決して悪いホテルでもなく、大きな不満がある訳ではないのですが、個人的には特に他の方にお勧めしたいとまでは思いませんでした。

設備よりなにより、全体的になんとなく物寂しくあまり活気がないのです。場所柄もあるでしょうが、スタッフが少なく皆さん親切だけれど大人しいのもあるのかもしれません。静かで落ち着いているというのとも、少し違う気がします。

特に、朝食会場が寂しい感じなのが残念です。せっかくのリバービューのロケーションなのに、それを生かし切れていない気がして。

ホイアンはいま観光客も増えて活気が溢れる街になっていますので、このホテルもその勢いで、もう少し活気づいてくれるといいなあと感じました。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。