ホイアン旧市街 シクロ

2018年夏ホイアン子連れ旅行記10 進化するホイアンの旧市街歩き

2018年夏ホイアン子連れ旅行記10回目の内容は、2年ぶりの旧市街歩きです。

2016年にホイアンを訪れた折に、何度も歩いた旧市街でしたが、2年の間にどんどん進化しているのに驚きました。

観光客が増え人気レストランは予約必須に

まず、観光客がとっても増えている!元々、中華系や韓国系の方が多い印象はありましたが、今回は特にアジアからの観光客が増え、旧市街エリアはすごく人が多いなぁという印象。

昼間はそれほどでもありませんが、夕暮れ時になると川沿いは人でいっぱいに。中華系の皆様に大人気のシクロの数も増え、お金持ちの大陸の皆さんが利用するからなのかシクロのお値段も上がっていましたね…。

 

ホイアン旧市街 シクロ

それと同時に、モーニンググローリーやカーゴクラブ等人気の有名レストランは予約必須になりました。2年前はどこでも気軽に入れたのですが、特に川沿いのレストランなどは夕方にはいっぱいで、順番待ちをしているお店も結構ありましたよ。行きたいお店が決まっているなら、予約していったほうが賢明です(ホテルでお願いできるはずです)。

お客様が増え、できるだけ席数を確保するためか、リノベーションするお店も増えていましたし、賃料が大幅にUPしているとかで古いお店が撤退したりもしているそうです。

そんな状態ですので、古くからの人気店の姉妹店がたくさんできたり、新店もオープンしたり、と、おしゃれなレストランやカフェはどんどん増えていました。Coco boxやHoian Rostaryなどは支店がたくさんできていてびっくり。

cocobox juicebar

お土産も洗練されたものが揃うように

おしゃれなショップもできています。

特にお土産に関しては2年前はお土産探しに苦労する感じだったのが、ダナンの有名チョコレート店 Pheva(フェーヴァ)」チョコレートや、スタイリッシュなベトナム風雑貨が揃う「Sunday in Hoi An」 や 日系のAjisaiなど、短い時間でも素敵なお買い物ができるお店がどんどんできているようです。

ホーチミンの人気店と変わらないレベルの雑貨が揃うSunday in Hoi An。旧市街に2店舗あるようです。

それと同時に、古くからのお店に置かれている品物もレベルが上がってきているように思いました。

今回特に目に付いたのは、可愛らしい今風のかごバッグ。ポンポンやタッセルが付いているものが多く、目を引きました。ホイアン市場にもたくさんのバッグが売られていました。

ホイアン旧市街のシクロ

ただし、お値段もそうお安いわけでもないので荷物を増やして持ってまで帰るかどうかはよく吟味したほうが良さそう。楽天などでも意外に安いお値段で売られていたりするので…

お土産については、お買い物のページもぜひご覧ください。(UP次第リンクします)

街並みを楽しむなら午前中がお勧め

人が増え、お店は移り変わりましたが、素敵な街並みはもちろん以前のまま。

hoian 画廊

ホイアン 旧市街観光

街並みの写真を撮りたい場合は、比較的人の少ない午前中がお勧めです。(早朝は人はいないものの、レストラン等の前にゴミ箱が出されていたり、ごみ収集のリヤカーなどが多いこと、また日差しが低いため建物に濃い影が差してしまうことから、あまりお勧めしません。)

ホイアン旧市街のシクロ

多くの方は夕方のランタンを目的に滞在されるので、早めの時間帯はまだまだゆったりと観光やカフェタイムが楽しめましたよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。