2016年夏ホイアン旅行記5 センチュリーリバーサイドホテル フエ宿泊記 (Century Riverside Hotel Hue)

2016年夏ホイアン子連れ旅行記5回目の内容は、フエで2泊したセンチュリーリバーサイドホテル フエ(Century Riverside Hotel Hue)の宿泊記です。

センチュリーリバーサイドホテル フエの概要

センチュリーリバーサイドホテル フエ(Century Riverside Hotel Hue)は、フエ新市街中心部、フォーン川沿いに建つ、フエでは老舗の大型ホテルです。

4つ星ホテルではありますが、正直ホテルの雰囲気は老朽化している感じが否めず、「昔は高級ホテルだったのだろうな」というイメージ。

こう書くと、ハズレくじを引いたようですが、良い点もたくさんあり、コストパフォーマンスを考えるとかなり満足しています。多くを期待しなければ十分検討に値するホテルだと思います。

センチュリーリバーサイドホテルに到着

鉄道でダナンからフエまで移動した私たちは、フエ駅から客待ちのタクシーと交渉してホテルまで向かいました。フエ駅とフエの中心部は大変近いので、メーター通りなら主要ホテルまでは50000ドン程度(250円程度)、ふっかけられても500~600円程度で済むでしょう。

ホテルは見るからに大きいホテルで老舗の雰囲気です。

 

センチュリーリバーサイド入口

発展著しいベトナムですので、フエにも次々に新しいホテルが出来ており、こちらのホテルは今や高級ホテルとは言えないと思いますが、老舗ホテルならではでしょうか。このホテルで働いているというプライドが感じられるにこやかなスタッフに出迎えられウェルカムドリンクのジンジャーティーも頂いて、気持ちよくチェックインできました。

全体的にスタッフはとても親切で、フロントスタッフの英語も分かりやすく、スタッフサービスの印象はとても良いです。

センチュリーリバーサイドホテル フエのお部屋

センチュリーリバーサイドホテルには以下のようなお部屋があります。

  1. デラックス ダブルORツインルーム ガーデンビュー
  2. デラックス ダブルORツインルーム リバービュー
  3. コネクティングルーム ガーデンビュー
  4. コネクティングルーム リバービュー
  5. スイート リバービュー
  6. グランドスイート

古い施設ゆえか、宿泊料金がかなり安価に設定されており、朝食付きにもかかわらず、一番リーズナブルなお部屋(ツインORダブルのガーデンビュー)だと一部屋3000円台から。大人4人で泊まれるファミリーコネクティングルームを予約しても1万円程度と格安です。

このホテルは立地が良いという情報をガイドブックで得て、予約したのですが、私が予約したリバービューのツインルームはなんと当時4000円以下(税サ抜き)でした。

1泊4000円×2泊に長女の追加料金が1泊1200円×2泊、税サ(2泊で1600円)込みで2泊で12000円です。もちろん4人分の朝食込み。あまりにお部屋の値段が安くて不安になったほどです 笑。

さて、私たちが宿泊したお部屋を紹介します。今回は、ツインのリバービューを予約していましたがアップグレードされたらしく、リバービューのファミリーコネクティングルームに案内されました。

主寝室(夫婦用)

副寝室

ホテル全体のちょっと古びた感じに比べると室内はきれいに整備されており、グレード高めのお部屋でもあるためか、特に主寝室のベッドや家具などの調度品類は格式のある感じです。好みはあるかもしれませんが、「古き良きアジア」を感じさせてくれる雰囲気で、4000円程度で予約したのにこのお部屋に通されたのは非常にラッキーでありがたかったです。

大きな窓からはフォーン川が眺められ、テラスもあって朝から晩までベトナムらしい小さな船や観光船が行き交うフォーン川の眺めを楽しむことができます。

やはり水際の景色というのは旅情を誘うもので、施設は古いけれどこのホテルは良い選択だったなぁ・・・と感じさせられました。お部屋の位置にもよりますが、対岸に王宮が(小さく)見えるお部屋もあります。

ただし、この観光船からの音なのかあるいは川沿いで何かの放送をしているのか、民族調の音楽が大音量で流れていて、日中はうるさいことうるさいこと 笑。写真で見るとなかなかいい雰囲気ですが、あまりに音楽がうるさく、笑ってしまうほどで、窓はずっと閉めていました。(幸いにも朝夕は静かでした)

写真を撮り忘れていますが、水回りもきれいで、お部屋に特に傷んでいるような場所もなく、気持ちよく過ごせました。

センチュリーリバーサイドホテルフエのプールや施設について

センチュリーリバーサイドホテルフエは、上でも書いた通り昔の高級ホテルというイメージで、リゾートホテルという訳でもないので施設面では特に特筆すべき点はありませんでした。

客室内はきれいに保たれていますが、今は使われなくなったらしき宴会ルームなど(大きいホテルゆえ、そういう部屋がいくつかある)放置気味で、むしろそういった施設があることで、ホテル全体の活気を損なっている気がします。

プールは一応あるのですが、こちらにはあまり期待しないほうが良いでしょう公式の写真は素敵な感じですが、子供たちが入りたがったので行きましたが、公式写真のような素敵な雰囲気ではなく、市民プールのような普通のプールです。リゾートホテルのような優雅な感じではありません。プールまでの順路も寂れた感じで、夫無しでは行くのはちょっと不安な気がします。

施設とは少し違いますが、もし時間があればホテルの最上階に行ってみることをお勧めします。詳細は忘れてしまいましたが、最上階には屋上的なスペースになっている部分がありフォーン川から王宮方面、また市街地を見晴らしの良い場所からゆっくり眺められます。

フォーン川の眺め フエ

朝食バイキングは、「普通」レベル

このホテルの前に宿泊した、ホイアンのホテルの朝食が予想以上に良かったので、こちらでも朝食はどんな感じかな?とちょっと期待しすぎた面もあり、朝食のレベルは味種類共に「普通」という印象でした。

西洋風・ベトナム(中華)風のお料理がそれぞれ数種類揃っており、その他にフルーツとパン、またエッグステーションやヌードル類もありましたが、「わ~!!」と感激ほどではありません。ジュース類も加糖のものが使われていたりして、今回ホイアンで泊まった3つのホテルと比較すると、やはりお値段が安いだけあり、ちょっと劣るかなという感じ。

まあ、ホイアンの3つのホテルがとても良かっただけに、比べてしまったのも辛口評価の原因かもしれません。6000円で1歳児含むとはいえ、家族4人が泊まっていますから、これだけ揃っていれば十分と思わねばなりませんね!お味はいずれもごく普通に美味しく頂けるものばかりです。

バイキングはごく普通という印象とは言え、フォーン川沿いのテラス席の雰囲気は良かったです。

南国らしい濃い緑の木々と川と行き交う小舟を眺める時間は、南国風情があり、とても贅沢でした。早朝にはまだ大音量の音楽も掛かっていませんでしたし!

立地やホテルの周りの雰囲気が良い

ガイドブックに立地が良いと書かれていただけあり、立地はフエの多くのホテルの中でも最高レベルではないかと思います。

フエは小さな町で、ほとんどのホテルがフォーン川を挟んで王宮の対面(南側)の新市街地エリアに集中しています。新市街地は小さなエリアですので、エリア内ならどのホテルを予約してもさほど不便はしないと思われますが、その中でもお部屋や朝食会場からフォーン川の景色を眺められるホテルは少なく、景色を楽しみたい方には貴重な一軒です。

ホテルからの眺め

またホテル周りも非常に便利。ホテル前のレロイ通りを渡ると、すぐに外国人が安心してかつ安価に食事ができる気の利いたレストランが並ぶ通りがあり、食事には全く困りませんし、ホテル前の通りにはコンビニ等も数軒あって軽食や飲み物の買い物も便利です。

ホテル正面側の街並み

ホテル前の通りの雰囲気

ホテルのすぐ隣は川沿いの公園になっており、夕方からは橋のライトアップや夜市(大したものは売っていないけど)も楽しめます。夜市の辺りにはたくさんの観光ボートが泊まっています。船の持ち主の方はこの船で生活してるらしく、船の内外で家族らしき子供たちが遊びまわっているのも微笑ましかったです。

もちろん、王宮までも約2kmと近く、タクシー等であっという間に到着です。ただ、フエは小さい街で、ほとんどのホテルが同じような場所(新市街中心部)にあるため、この条件は他のホテルともあまり変わりません。

まとめ

センチュリーリバーサイドフエは、施設や設備という面では老朽化のマイナスポイントを免れませんが、スタッフの方がとても親切。フロントデスクでは、王宮以外の史跡巡りのボートツアー等、各種ツアーの取り扱いもあり、相談すれば色々な相談に乗ってもらえます。私たちは、宮廷料理が食べてみたかったのでレストランの予約などもお願いしましたが、説明もとても丁寧で安心してお願いできました。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。