ダナン・ホイアンからフエに行く方法

ダナン・ホイアンへの旅の途中にフエに立ち寄りベトナムの歴史に触れる旅もお勧めです。

フエは1802年から1945年まで、140年以上にわたってグエン朝(阮朝)の首都が置かれた古都。フォン川沿いの旧市街には、中国の紫禁城を模して造られた王宮の遺構が残り、フォン川の上流には古寺や歴代皇帝の廟(陵墓)が点在する、世界遺産の街。

フエ中心部は小さく、見どころも凝縮されていますので2泊くらいの日程で旅程に組み込めば主だった遺跡には触れられます。少し長めのお休みが取れた方はぜひフエへの立ち寄りも検討してみてください。

ここでは、ダナン・ホイアンからフエへの行き方をご紹介します。

ダナン・ホイアンからフエへの行き方

ベトナム中部の玄関口である、ダナン(ホイアン)からは、

  1. 長距離バス(ツアーバス)
  2. 列車(鉄道)
  3. チャーター車 での移動が可能です。

1.バス

乗り合いのローカルなマイクロバス的と、オープンバスやツアーバスと呼ばれる長距離バスがあり、外国人が利用するのは普通はオープンバス(ツアーバス)です。

ツアーバスは何社かが運営しており、ホテルのフロントデスクや、ベトナムの大手旅行会社シンツーリスト等の旅行代理店でチケットを購入できます。料金は他の方のブログを見た限りではいずれも数百円程度、所要時間は4時間程度です。ホイアンを起点にダナン経由でフエに行く便もあり、ホイアンから乗車することもできるようです。

私は、ホイアン-フエ間ではないのですが、ホーチミンからのツアーバスを利用したことがありますが、半ベッド状態のスリーピングバスで大変快適でした。ベトナムの長距離バスはこういう形になっているようです。お手頃に快適に移動できますので、お子さんが一人で座ることに不安のない年齢(年長さんくらいから?)のファミリーにはぜひお勧めしたい手段です。

スリーピングバス ベトナム

2.列車(鉄道)

私たちが実際に体験した行き方です。ダナン駅からフエ駅まで、ベトナム統一鉄道で約2時間半の旅を楽しみました。途中、ハイヴァン峠と呼ばれる、海沿いの峠を通ります。鉄道好きな方には世界的な人気を誇る路線なのだとか。

ハイヴァン峠 ベトナム鉄道

ベトナム統一鉄道の切符は、公式オンラインでも購入できるように見えますが、実は現地での決済手段がないとハネられてしまいます。

それゆえ、現地で駅に行って購入するか、或いは代理店を通すことになります。短い旅行期間でしたら、買えないかもしれないという不安がありますので、事前に日本で予約をしておくと安心ですね。

私たちはホイアンの旅行代理店で購入しましたが、私たちが利用した代理店(日本の会社です)では、日本からの予約も受け付けていますので、利用されてはいかがでしょうか。時間が節約できます♪

>>>TNKトラベルJAPAN

統一鉄道には、下のようにいくつかのシートが準備されており、シートの種類によって値段が違います。日本人にはソフトベッドかソフトシートがお勧めだそうですよ。

  • 個室ソフトベッド(二段ベッドタイプ 定員4人) ・・・我が家はこれ
  • 個室ハードベッド(三段ベッド 定員6人)
  • ソフトシート
  • ハードシート

2時間半の道のりですが、我が家は、個室タイプのソフトベッドを利用しました。料金は(手数料込みで)大人一人20ドルくらいだったと思います。

ベトナム統一鉄道 ソフトベッド

バスよりは高くつきますが、家族4人だけで個室を取りましたので、ゆっくりと横になれたり、靴を脱いで寛げるので、良い選択だったと思います。

ゴロゴロしていると、ワゴンが来て、茹で卵やトウモロコシ、飲み物などを売りに来るので、それらを買って食べたりしたのも、楽しい思い出です。

海沿いの景色は、車窓が汚れていて、なんだか曇った感じであまり楽しめなかったのが残念。でも同じ車両にはプロらしき方が乗っていらして、大きな機材を手に乗車口(窓がありません)から一生懸命撮影されていました。きっと窓越しでない景色は素晴らしいのではないかと思います^^。

3.チャーター車

個人で車をチャーターしていく方法です。我が家は次女が小さいこともあり、フエからの帰りはチャーター車を予約しておきました。

ホテルのフロントで依頼すればすぐに手配してくれるはずです。私たちはフエのホテルのフロントに依頼し、料金は1台80ドルでした。タクシーのドライバーと直接交渉すればもう少し安いかもしれません。

ホテル前から、ホイアンのホテルまで送ってもらえるので、チビが泣いたりしても気にしなくて良い、荷物を運ばなくて良いという点では楽ですが、フエで依頼したドライバーは英語は一切通じないし、ホイアンの土地勘がないためホテルを探すのに随分時間が掛かってしまったのは予想外の出来事でした。

夫がgooglemapを見せて、何度も説明(英語通じないけど・・・)し、やっと辿り着き・・・笑。

オープンバス等に比べると数倍の値段ですし、鉄道ほど特別な体験ができる訳ではないので、次回以降は使わなくてもいいかな・・・?でも、高齢のご家族が一緒だとかいう時には、とても良い選択肢だと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。