エキストラベッド

【泊まる編4】子連れ家族4人で1部屋に泊まりたい!ツインルームに泊まれる場合もあります

家族4人以上の子連れ旅行となると、ファミリールームを取るのが一般的かと思いますが、子どもたちが小さければ4人分のベッドは必要ない。できればツイン/ダブルルームに4人で泊まりたいという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、我が家の経験を元に、4人家族でツインルーム(ダブルルーム)に宿泊する方法をお伝えします。

ホテル予約サイトでは、4人部屋はファミリールームしか出てこない

我が家の家族は、夫婦と8歳差の姉妹です。最初にホイアンへの旅行を決めたとき、長女は3年生(9歳)、次女は1歳半でした。

子どもたちがまだ小さいため、家族4人が一緒に泊まれる部屋を…と探し始めましたが、私たちが愛用しているExpedia等の宿泊予約サイトに全員の人数(夫婦+9歳+1歳)を入れて探すと、例え一人がベビーであってもファミリルームやコネクティングルーム、或いはゴージャスなコテージタイプのお部屋しか出てきません。

もう少し子供たちが大きければ、当然その選択肢になるでしょうが、次女はまだ赤ちゃん。そんなに広いお部屋は不要です。実質ベッドは3つで十分なのに費用も勿体無い…

※実は下のようなお部屋が二つ繋がった広いコネクティングルームにも1度泊まってはみましたが、結局子供たちは二人とも私と寝て、夫が一人でサブ寝室に寝ることになり、イマイチでした。

コネクティングルーム

予算を考えると、広めのツインORダブルルームに長女用のエキストラベッドを入れて4人で泊まれるのが我が家の理想でした。

小学生以下なら、4人以上でも1室に泊まれるかも!

どうしたものかと思いつつ、よくよくExpediaに表示されている宿泊規定をを見てみると、どうやらホテルごとに例えば「5歳までの添い寝の子供は無料」とか、「10歳までの子供は2人まで無料」とか、子供料金に関する決まりが書かれているようです。ところが、その全てが検索機能に反映されている訳ではありませんでした。むしろ全く反映されていない。

そこで、Exxpedia等で、ひとまず大人2人の設定でキャンセル可能なお部屋を予約をしておき、ダメ元でホテルにメールして「実は9歳と1歳の子供のいる4人家族なのですが、この部屋に泊まれますか?」と聞いてみることにしました。

すると、なんと全てのホテルがOKを出してくれたのです。上の娘に関しては、エキストラベッドや追加料金が必要になる場合がほとんどでしたが、コネクティングルームやファミリールーム等に比べるとかなり費用を節約できることになり、とても助かりました。

ちなみに、Expedia等の宿泊予約サイトに書かれている規定と、ホテルに直接問い合わせた結果が全く別の場合もありますので、家族で一部屋に泊まりたいという方は、予約サイトの情報を鵜呑みにせず、ぜひホテルに直接問い合わせされることをお勧めします。

Expedia上では「2歳以上の子供は大人と同額」と書かれていても、実際問い合わせると無料で泊まれたりということもありました。

子どもの追加料金も意識しておこう

よく、「海外のホテルは人数に関係なく部屋料金は一緒」などと言われますが、それは最初に規定されている人数内の場合。ツインルームやダブルルームであれば2人までがこのお値段です。

逆に言えば、3人目には追加料金が必要になります。

3歳以下程度ですと、ほとんどの場合は無料で同伴できますが、年齢によっては必ず追加料金を払ってエキストラベッドを入れなければいけないとか、ベッド料金は不要だけれど朝食料金は必要などと決まっています。

この追加料金が意外に高額の場合もあるので注意しておきましょう。

私が経験した4~5つ星ホテルでは、次女(1歳時、3歳時とも)はいずれのホテルも無料、長女(9歳時、11歳時)に関しては、1泊に付き1000円~6000程度の追加料金が必要な場合がほとんどでした。

※当然のことながら、子どもの追加料金は高級ホテルほど高額な傾向です。

追加料金が思ったよりも高額だった場合、キャンセルしたい場合もあるかと思います。大人の人数だけで仮押さえをする場合は、必ず無料キャンセル可能のプランで申し込んでおきましょう。

まとめ

一般的な家族の場合、旅の予算はある程度限られているもの。

広いお部屋を希望して泊まる場合は良いのですが、節約したかったのに、1室に4人(以上)泊まれると知らずに高いお部屋を予約してしまったら残念ですよね。

予約をするときには、ぜひホテルに直接問い合わせをして希望に沿う条件で泊まれないか確認してみましょう。

ちなみに、多くの場合ホテルの公式サイトから問い合わせができます。公式サイトが見つからない場合は、ホテル予約サイトで「キャンセル可能なプラン」を予約すると、ホテルに問い合わせができるようになりますよ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。